2019年3月11日月曜日

北海道造形教育連盟 第4回常任委員会



3月6日(水) 前田北中学校にて、北海道造形教育連盟の第4回常任委員会が行われました。今回は、常任委員会の前に、2012年度に行われる全国大会に向けての意見交流会が行われ、現段階での進捗状況や大会のコンセプトについて、共有しました。研究主題を踏まえて、コンセプトを「この子が感じる=考える=表す」として、これから具体的に授業を考えていきます。
後半は、4月20日(土)に開催される、平成31年度の委員総会に向け、今年度の活動報告と次年度の計画を整理しました。また、今後に向けた、長期的な計画や次につながる新しい考え(方策)などについて意見を交わしました。また、2020年度には連盟が70周年を迎えるため、周年行事に関わる提案も行われました。

年度末の大変忙しい時期にも関わらずたくさんの先生にお集まりいただき、内容の濃い話し合いを行うことができました。 今回は、2名の顧問の先生にご出席いただき示唆をいただきながら、事務局員、各部の部長・副部長、そして会員のみなさんが22名も集まりました。造形教育の今後を支える先生の熱を感じたのが、話し合いに参加した率直な感想です。

2019年2月20日水曜日

第4回部長会


2月20日(火) 前田北中学校にて、北海道造形教育連盟の第4回部長会を行いました。

今回は、3月6日(水)に開催する第4回常任委員会に向け、議事を整理しました。今年度の活動報告と次年度に向けた方針案を検討しました。各部の活動報告、今後に向けた会計の計画など、今後に向けた、長期的な計画や次につながる新しい考えなどについて意見を交わしました。また、2021年度に札幌で行われる全国大会に向けた進捗状況の報告もありました。現段階での決定事項、そして今後に向けた課題などたくさんの意見を交流しました。




 今回は、事務局員、各部の部長・副部長が13名の先生が集まり、たくさんの意見を交流しました。
 

2019年1月11日金曜日

明日から、第45回北海道教育美術展です



1月10日(木) 北海道新聞社ビル1Fの道新ぎゃらりーにて、第45回教育美術展が、明日11日から開催されます。100点の奨励賞作品と、500点を超える入選作品を展示しています。

はじめに、各担当から展示作業の手順や注意事項を確かめ早速、展示に入りました。今日は、OBの先生のたくさんお集まりいただき、一緒に活動していただきました。
展示は、壁面に合うように入選点数から、「 列 × 段 」を割り出し、展示レイアウトを考えます。その割付に合わせ作品を展示します。
明日から、たくさんの子どもたち、ご家族の皆様、そして、子どもたちの作品を楽しみにされてきた方々が、会場いっぱいに来館されることを心からお持ちしています。
素敵な作品の前、絵を描いているときの楽しい話が聞かれることも、この展覧会の大きな価値と思います。

開催期間は11日(金)~14日(月)です。
たくさんの方のご観覧をお待ちしています。

2018年12月27日木曜日

第45回 北海道教育美術展


 今日(12月27日)と明日の2日間、第45回北海道教育美術展 審査研修会が行われます。心配された天気も今のところは晴天です。全道各地からたくさんの先生が集まり研修を深めました。

「図工美術にかかわる資質は、日常生活の中にたくさんあります。その感覚を培う、図工美術の存在を、改めて感じることのできる、審査会にしたい」という会長の挨拶で今年度の審査会が開会されました。会場の札幌市立前田中央小学校には、50名を超える先生・OBの皆様、そして40名近い学生さんが集まりました。

この2日間、幼稚園から中学生までの作品を見ることを通して図画工作・美術教育のあり方を学びます。「子どもの声が聞こえてきそうな作品」を、大きなキーワードに楽しそうに絵をかいていることが伝わってくる作品を選び、絵から伝わる子どもの思いを語り合いました。

 

審査の前に、全員で子どもの絵の見方をキーワードをもとに研修し、本連盟が奨励する作品の考えを確かめました。発達段階にあったキーワードを研究部でまとめ、全員が共通の視点で審査できるように昨年度の作品を鑑賞しながら研修しました。


はじめに、各グループに分かれ審査を行い、その中でグループが推奨する作品を選出します。ここでたくさんの情報が交流されます。「この子、絵をかくの好きなんだね」「見ていてホッとする作品だね」そして、その絵を見ながら、子どもの表現についての交流が研修になるのです。

各グループで推奨された作品は会場に集まった審査員全員で見る全体審査会で見合います。作品を通しての思いや、教室での指導など、ここでもたくさんの思いが語られます。


そして、奨励賞作品を選びます。たくさんの思いが語られ、図画工作。美術教育に関する考えを交流することで、一人一人の学びを深めます。ここでの出会いや語らいが明日の美術教育を作っていくといつも感じます。

2018年11月14日水曜日

第3回常任委員会


11月14日(火) 前田北中学校にて、北海道造形教育連盟の第3回常任委員会が開催されました。顧問の先生2名をお迎えし、20名の先生が集まり、現在の進捗状況や今後の推進計画などを交流しました。12月27・28日に行われる教育美術展にかかわり、模擬審査会のと取り組みや内容についても確認されました。作品を通して、語り合う有意義な研修会になるよう、報告がありました。
また、今後に向けた、長期的な計画として連盟70周年記念についてや、次につながる新しい考えなどについて意見を交わしました

また、次年度開催される道北ブロック・旭川大会や、H33年度に開催される札幌の全国大会に向け、事務局長から現段階の情報もお話いただきました。

2018年8月29日水曜日

8月28日 第2回部長会

 8月28日(火) 前田北中学校にて、北海道造形教育連盟の第2回部長会を行いました。今回は、9月4日(火)に開催する第2回常任委員会に向け、議事を整理しました。全道大会(岩見沢)・全国大会(秋田)の報告と交流から、話し合いを始めました。また、各部の進捗状況が提案され、推進状況を中心に話し合いました。また、今後に向けた、長期的な計画や次につながる新しい考えなどについて意見を交わしました

また、次年度開催される道北ブロック・旭川大会や、H33年度に開催される札幌の全国大会に向け、事務局長から現段階の情報もお話いただきました。

 今回は、事務局員、各部の部長・副部長が13名の先生が集まり、たくさんの意見を交流しました。

2018年7月29日日曜日

「つなげる」分科会 2実践

「つなげる」分科会 2実践
幼稚園 年中 「子どもの見る世界 ~もりのおふろ 」
授業者 : 金子 英里・大津 充紗子 (よいこのくに幼稚園)

絵本の世界を通して子どもの見る世界を考え活動を組み立てました。絵本を見て「どんな味なんだろう」「いいにおいがしそう」など、子どものイメージを広げ、登場する動物たちになりきりました。
「ライオンさんのもじゃもじゃ、いっぱいつけりたいな」「枝をひげにしたいな」など、たくさんの材料の中からイメージに合いそうなものを選んでいました。



 
 






高等学校 2年生選択 「 見える音、聞こえる形、色彩 」
授業者 : 棚田 将史 (岩見沢市立光陵中学校)


目に見えない音に注目し、感性を生かしながら模索と追求を繰り返して無形である音を有形にすることを目的とした。また、友達の作品を鑑賞しながら、作品の意図を聞くことでコミュニケーション能力を高めていくことも考えている。